ジェットスターで高松に行ってみました

高松にJetStarを利用してはじめて行ってみました。
こちらの航空会社を利用したことがなかったので心配していたのですが、とてもチケットが安く手に入れることができて驚きました。
ネットを利用して予約をしたのですが、わかりやすくてとてもよかったです。

大手の航空会社を利用したときと同じ雰囲気でしたし、違ったのは搭乗するときに階段を使うというくらいでした。
機内は大手と比べると確かに多少の狭さを感じることはありましたが、それほど気になるようなこともなく、ゆっくりすることができました。アテンダントの方も大手に比べても見劣りすることもなかったです。席はエコノミーでしたが、普通に座っていることができました。国内なので短時間ですが、ゆったりと過ごすことができま
した。ただ、長身の人や大柄な方だと難しいかもしれないです。実際に一緒に旅行をした大柄の方は少しきつそうでした。

ですが、ほかの安いticketを利用することができる航空会社よりも座席は広く感じます。
手荷物だけだったのでチケット料金のほかに追加料金をとられるようなこともなく、そのまま搭乗することができました。安く飛行機を利用したいといういう人にはいいですね。

ネット予約のときには、セールを利用してさらに安く購入することができます。なので、こまめにチェックをしておくといいです。お得な価格でチケットを購入できるので、サービスは大手のものと多少違っていても、納得できる内容です。

旅行の費用をチケットを安く購入することで節約することができますし、浮いたその分でほかの旅行の楽しみを十分に満喫することができました。サービスなどは自分で事前に用意しておけばいいものなどもあるので、そんなに気になるようなことはなかったです。座席の広さや手厚いホスピタリティーを求めたいという人は大手を利用したらいいと思います。ですが、実際に利用をしてみると、座席の広さは平均身長ならほとんど気にならないし、多少狭く感じても短時間の移動ならとてもお得な料金でチケットを購入できるので、やはり価格の安い飛行機のチケット予約はスカイチケットを利用しています。

ただし、遅延や運休が多い時期もあるということを聞いていたので、それは警戒していました。
もし出張や急ぎの場合は大手の航空会社を、節約して旅行を楽しみたいときはこちらの航空会社を利用するというのもいいです。
アテンダントの方たちも素晴らしくに気になるところはほとんどなかったので、安くチケットを購入できたことで満足しています。

ジェットスターで高松に行く際の注意点は?気になる手荷物など

瀬戸内海に面した風光明媚な香川県高松市は、四国の玄関口です。
明石大橋の開通により神戸までの移動も便利になり、西日本経済の中心地大阪とも近いのが大きな特徴です。
観光地としても人気を集めており、特に明石大橋開通後、年間900万人もの人々が県外から訪れています。

成田や中部国際空港に拠点を置くジェットスターも路線を持っており、格安の旅を楽しめる都市の一つです。
そんな瀬戸ないかいの玄関口を訪れる際には、できるかぎり早めに空港カウンターへ向かい、荷物の重量とサイズに注意することがポイントです。
大手航空会社が空港のリビングや広間だとしたら、LCCは離れにあると言っても良いほどなので、とにかく歩かなければなりません。

格安航空会社(LCC)の搭乗ゲートまでかなり遠くなっているので、時間ギリギリで向かうと搭乗できない可能性があります。
駅から空港、空港からカウンターへ向かう途中、バスやエスカレーターなどを利用できますが、体の不自由な方や長時間体を動かしたり、負担を掛けたくない方は避けたほうが良いかもしれません。

空港内の受付についたら航空券を発券してもらいますが、発券手続きは離陸30分前までとなるので、並んで手続きするよりも、あらかじめ自宅でパソコンを使って手続きしたうえで、プリントアウトしておくと良いでしょう。

カウンターで発券手続きを済ませたら、近くにあるフードコートで軽めの食事を済ませたり、コンビニで飲食する飲み物と軽食を買っておきましょう。
アルコールを持ってけはいけますが、機内では飲酒は禁じられているので注意してください。

保安検査場でチェックを受けたら搭乗ゲートまで歩きますが、かなり遠くなっています。
搭乗前には、手荷物のチェックがなされます。

エコノミーの場合は、キャスターケース1個、ハンドバック1個で合計重量7kgが原則となっており、それを超えると手荷物預け手数料が取られます。
ビジネスでは、ケースが2個、ハンドバック1個となり、合計重量14kgまで機内に持ち込めますが、それ以上は手数料がかかりますので注意しましょう。

荷物としては、ヘアスプレーや化粧品などの日用品は持ち込めますが、スポーツ用の冷却スプレー、電池など持ち込めないものもあるので、事前にチェックすることも
大切です。
機内サービスは原則として有料になるので、アイマスクなどを持って行きましょう。

カウンターまで移動するのにかなりの時間を要するので、時間に余裕を持って移動すること、歩くことが多いので健康な方に向いています。
また、預けられる荷物に制限があるので、身軽にして移動すると言った工夫をしておきましょう。
手荷物が7kgを超えるようであれば、Starter Plusを利用すると10kgまで利用できますので、検討してみましょう。

ジェットスターで旅する!高松の魅力

香川県高松市には、様々な名物や観光名所があります。
そのなかでも一番有名な名物と言えば、讃岐うどんです。
香川県は全国でも一人あたりのうどんの消費量が多く、全国的に有名です。

香川県のことをうどん県やうどんの国などと呼ぶこともあるぐらい、県民にも愛されています。
ここまで讃岐うどんが愛されているのは、香川県にはうどんに必要な良質な小麦、塩、醤油、イリコが手に入りやすい環境だったからです。
そのため、古くから地元の人々には愛されていて、今では香川を代表するブランドにまでなりました。

最近では首都圏にもチェーン店が登場し気軽に食べられるようになりましたが、一度は本場の味を食べてみるべきです。
そんな香川県内には、美味しいうどんを食べられるお店も数多くあります。
香川県にはうどんの製麺所に併設する形の店舗も多く、作りたてのうどんを食べることが可能です。

しかも、作りたてで美味しいだけでなく、価格も圧倒的に安いです。
セルフ式なので自分の好きなようにトッピングができることも、魅力的な食事になる要因でしょう。
香川を旅行するなら、必ず食べておきたいのが讃岐うどんです。

もちろん魅力的な街である理由は、讃岐うどんだけではありません。
市内にある栗林公園や玉藻公園では、街の中心にありながら落ち着いてゆっくりと散策をすることができます。
また、市内の中心部から地元の人々に愛される琴電にのって、金比羅参りに出掛けるのも良いでしょう。

ちなみに金刀比羅宮の最寄駅である琴平駅には、空港から直通バスで行くこともできます。
飛行機の発着時間にあわせて直通バスも発車するので、スムーズにアクセスすることが可能です。
港から船に乗れば、20分ほどで女木島に行くこともできます。

女木島は鬼ヶ島伝説が残されている島で、現在は芸術祭も3年おきに開催されていることから、芸術作品も島内には展示されています。
瀬戸内の潮風を感じながら、島内を観光するのも良いでしょう。
この他にもお寺や城跡、温泉など、観光名所は数多くある場所です。

観光名所を周りながら、お腹が空いたら讃岐うどんを食べる旅行を楽しんでみるのも良いでしょう。
ジェットスターの飛行機を使えば、東京などの遠隔地からも格安な料金で行くことができます。
所要時間も短く、飛行機に乗るわりには短時間で到着することが可能です。
週末にフラッと日本国内を旅行するなら、食と歴史を感じるために行ってみると良いでしょう。

ジェットスターで高松に行くなら予約はいつから可能?

ジェットスターで四国の玄関口・高松行きの航空チケットを予約・購入するなら、早いほうがお得です。
同社を始めとして、LCCの多くはカウントダウン方式で航空チケット運賃を決定しています。

カウントダウン方式とは、航空チケットが販売された直後が最も安く、運行予定日に向かって運賃が上昇する仕組みです。
早く購入すればするほど安くなるため、日程が決まっている方であれば、実際に運行される予定日よりはるか以前に購入すれば良いことにあります。
また、電話やカウンターで行うと手数料などにより高くなりますので、ネットを通じて予約すれば格安を実感できます。

問題となる予約時期は、いつから可能なのでしょうか。
一般的には、最長半年前から予約できます。
同社を含めてLCCは、1月下旬になると3月末から10月末までの運行スケジュールが、8月下旬には10月末から3月末までの運行スケジュールがそれぞれ発表されます。
その発表と同時に航空チケットの販売も開始されるため、最長半年ほど前に航空チケットを購入できます。

早く購入するメリットは、安くなることです。
半年後の予定が明確に決まっている方は少ないので、この時期に購入すれば、四国の玄関口までお手軽に安く移動できます。
もちろんデメリットもあります。

それが、急な日程の変更です。
仕事の進み具合や会社側の意向、病気などのアクシデントなどの様々な理由により、キャンセルしたくなる場合がありますが、原則キャンセルできません。
これは、LCCに共通しており、格安航空チケットのビジネスモデルを維持するためだと考えられます。
しかし、例外としてStarter MAX(しっかりMAX)、Business MAX(しっかりMAX)では、手数料を支払えば払い戻しが受けられます。

2つのしっかりMAX以外の航空チケットの場合は、手数料がかかる場合がありますが、同路線の便であれば、日時の変更や名義の変更にも対応しているので、コールセンターから問い合わせてみましょう。

最近では、格安航空チケットをオークションなどを通して転売する方も増えていますが、このような行為は原則として禁じられています。
搭乗カウンターなどや保安検査などにおいて発覚すれば、トラブルになる可能性がありますので、十分に注意しましょう。
風光明媚な瀬戸内海など、観光地のたくさんある四国の玄関口を訪れるのに便利な格安チケットですが、上手に使えばもっと旅を楽しくできます。

高松発着のジェットスターはビジネスにも便利

高松から東京、名古屋、福岡といったエリアへの出張でもジェットスターを選ぶ方が増えています。
一般的に格安航空会社は、安いという側面が強調されるため、旅行や帰省に利用するものだと考えている方もいますが、出張にも便利です。

知る人は知っている出張に便利なポイントとして、出発直前まで予約できる、ビジネスクラスのサービスが充実している、ビジネスクラスも安くてお得です。
出張の中には、数カ月前から決まっているものもありますが、かなりの割合で急に決まることがあります。
現地での商談や交渉、担当者同士が直接会談など、様々な理由がありますが、このような急な出張でも予約受付に対応しています。

同社の予約受付はウェブや電話、カウンター専用窓口で可能です。
予約受付制限は、ウェブであればフライト時間の150分前まで、専用窓口ではチェックカウンターが開くまで対応していますので、急な出張でも対応できます。
特にウェブからの手続きであれば、急ぎの時でもよりスムーズに予約できるので、忙しいビジネスマンにも嬉しいサービスといえます。

LCCといえば機内サービスがシンプルで安いというイメージが有りますが、ビジネスクラスであれば、ゆったりとしたシート、エンターテイメントや食事、アイマスクや毛布、歯ブラシセットから化粧品の提供します。
また、さらに経験豊富なキャビンアテンダントが対応してくれるので、ワンランク上のサービスが魅力です。

LCCのシートが狭いというイメージを完全に払拭するゆったりとしてレッグルーム、心地よい革張りシートで、移動時間に商談のシミュレーションをしたり、考えを巡らせることもできますし、現地到着後すぐに活動できます。
専用チェックインポイントに優先搭乗できるので、スムーズな乗り降りが期待できるのメリットです。

また、荷物の制限重量が増えます。
エコノミークラスプランのStarterの場合キャリーケース1個、ハンドバッグ1個の合計7kgまでですが、ビジネスクラスプランのBusinessなら、キャリーケース2個、ハンドバッグ1個の合計14kgまで無料に荷物を預けることができます。

1個のキャリーケースに着替えを日用品の全てを無理やり詰め込間なくても良いので、自宅で体重をかけて押しこんだり、ホテルでキャリーケースを開けたら中身が飛び出してきた、ということも防げます。
また、サンプル品やビジネス書類は、受託手荷物として預けられないので、ハンドバッグに入れて移動すると良いでしょう。
LCCのビジネスクラスはお手頃さに品質の高いサービスなので、ビジネスパーソンにおすすめです。